フケ特集

髪の長さと
フケの関係は?

実は髪の長さに関係なく、フケは発生します。フケの発生には主に頭皮の環境が影響しています。
では、フケはどうして発生するのでしょう?

フケが発生する原因とは?

以下の3つの要素により、頭皮が敏感になり、フケは発生します。

  • 皮脂– 皮脂腺から分泌される脂分。皮膚を守る役割があります。

  • マラセチア菌– 頭皮に存在する常在菌。雑菌や細菌の
    侵入を防いで頭皮の健康を守って
    くれています。
    皮脂を餌として繁殖します。

  • オレイン酸– マラセチア菌が頭皮の皮脂を分解する時に
    発生します。

これら3つの要素は私たちの皮膚に自然に存在するものです。
でも、皮脂やマラセチア菌が
多すぎたり少なすぎたりして
バランスがくずれてしまうと、頭皮のトラブルが発生して
しまうのです。オレイン酸に敏感な人の場合、頭皮の剥離
(つまり「フケ」)が発生する可能性が高くなります。

髪の長さとフケの関係は?

フケの発生は避けられない?

フケの発生と髪の毛の長さは関係ないと言えるでしょう。ただ、頭の禿げた部分では繁殖温度や湿度の視点から、
マラセチア菌にとって望ましい環境ではなく、フケの発生率が低くなります。また、フケは長い髪の毛の間に隠
れるので、短い髪の毛の方が、フケが目立ちやすくなるとは言えるでしょう。

フケが見えないからと言って、
安心しないで

毎日きちんとケアをしているのに出てくるフケ。不潔に見られたり、悪い印象を持たれてしまうことも。
でも、フケは見た目だけの問題ではありません。
頭皮や髪が痒くなったり、不快感をもたらすこともあるのです。

フケの多い頭皮と少ない頭皮を比べた場合、フケの少ない頭皮のほうが健康的な状態だと言えます。頭皮が痒い
または頭皮に不快感を感じると、爪を立てて掻いてしまい、頭皮の表面をさらに傷つけ悪循環になって
しまいます。

また、すでにご存知かもしれませんが、トラブルの多い頭皮は髪の環境にも悪影響を与えるのです。
トラブルの多い頭皮から生える髪の毛は健康的ではなく、髪の表面にダメージが多くみられるとの
研究発表が報告されています。

このような頭皮トラブルに対応し、強く健康な髪の毛でいるためにはどうすればいいのでしょう?
 自分の肌質や頭皮状態に合った、頭皮の乾燥やフケ、かゆみなどを防ぐフケ対策用シャンプーを使って
みましょう。有効成分ジンクピリチオンを含む h&s(エイチアンドエス) の 頭皮の乾燥やフケ、かゆみ
などを防ぐヘアケアシリーズを一度、お試しください。毛穴の奥に潜むフケ・かゆみ・臭いの元となる
マラセチア菌の増殖を防いでくれます。h&s ヘアケアシリーズには亜鉛を含む商品も
あります。亜鉛には頭皮のライフサイクルを整え、健やかにする効果があると言われています。
ライフサイクルの整った頭皮は、健やかな髪を生み出し、根本から髪の美しさを引き出します。

女性向け製品はこちら    

リフレッシュシリーズ
リフレッシュ シリーズ
もっと見る
product2image1
モイスチャーシリーズ
もっと見る

    男性向け製品はこちら

h&s PRO
h&s PRO シリーズ
もっと見る
h&s for men
h&s PRO SCALP シリーズ
もっと見る

あわせてチェック!

Dandruff listing image

フケが出始めるのは
いつから?

さらに読む

Dandruff listing image

どうしてフケが出るの?

さらに読む

Oily yellow listing image

黄色くてベタベタと湿った
フケが気になりますか?

さらに読む